堺市内の医療・介護従事者のためのプラットフォーム
2018.09.08 Sat

第275回 新『遺言白書R』書き方講座に認定講師。夢は国家プロジェクト!(Part2)

さかそ!100年ライフ!
ー100年時代を賢く生きる!ー(旧:ゆるりぽっど)

第275回 更新しました!

新『遺言白書R』書き方講座に認定講師。夢は国家プロジェクト!(Part2)

ゲスト:辻 瑞恵さん
    (はっぴぃandプロジェクト 代表)

場所:ライフハーモニー介護スクール(堺市北区)

こちらからお聴きください!↓

前回は、新『遺言白書R』特徴や書いたことで何が変わる?をお届けしました。

今回は、新『遺言白書R』それぞれの項目をじっくり解説してもらい一緒に仕上げる「書き方講座」とその講座の認定講師を全国に育成していく!といったお話を伺いました!

◆新『遺言白書R』について

延命治療(終末期医療)、家族信託、葬儀、亡なくなった後の身辺整理等、資産運用も含めて、30代からちゃんとしといたらよかった・・と思う今日この頃、でも実際に30代の時は自分に関係ない話って感じで全然ピンときてなかったし・・。

施設に入所されている利用者様の家族様も100%こういった様々な問題に直面していて、相談されても「介護のこと以外はちょっとわかりません」じゃあこれからの100年時代どーよ?と思いますし・・。親が要介護状態になり、認知症になってしまう前に、親ともきちんと話をしないと・・と思いつつも非常にデリケートな問題なので、ついついズルズルと時ばかりが過ぎてしまう。・・。

辻式の新『遺言白書R』なら気軽な感じで、親ともチェック入れながら話できそうだし、専門家に繋げる総合的な知識も習得できるのかな?と思った次第です。

今回年代別の新『遺言白書R』も展開されたということで(時にシングルの方向けは注目!)代表の辻さんに詳しくお話を伺いました!

はっぴぃandプロジェクト
https://happy-and-project.jp/

« »

  1. 辻瑞恵 より:

    いっぱいお話させていただきました!
    ありがとうございました😊

  2. 上野様 伝えたいことがいっぱい~の私のメッセージをコンパクトにまとめていただき、ありがとうございました。さぞや編集も大変だったことでしょう。
    上野様のインタビュアーがお上手だったので、とても話しやすく、感謝しています(^^)/。

    • 禎実上野 より:

      辻さま!こちらこそありがとうございました!
      介護をされているご家族様も介護のことだけ悩んでいるわけではなく、
      お金や不動産、終活等、複合的に情報がほしいと思います。この辺をどうスムーズに
      繋ぐことができるかが「さかそ」の使命だと思いますが、漠然とした不安を整理する
      ツールとして「遺言白書」は最適だと感じました!

コメントを残す