堺市内の医療・介護従事者のためのプラットフォーム
2019.04.27 Sat

第308回 もしバナゲーム 余命半年!?あなたならどうする?(Part2)

さかそ!100年ライフ!
ー100年時代を賢く生きる!ー

第308回 もしバナゲーム 余命半年!?あなたならどうする?(Part2)
『かしましシスターズ登場!』

ゲスト:かしましシスターズ
上村 久美子さん (iACP公認もしバナマースターNo.1)
臼井 啓子さん (iACP公認もしバナマースターNo.2)
礒野 由紀子さん (iACP公認もしバナマースターNo.22)

場所:ライフハーモニー介護スクール(堺市北区)

こちら↓ からお聴きください!

Part2(後編)です!

社会福祉士の3人にお集まりいただき、好き放題にトークしてもらった
さかそ版「ボクらの時代」題して

「社会福祉士 おめーらに何ができるんだ!」
(第293回から第295回)
大好評につき第二弾!!

今回はiACP公認もしバナマイスターの「かしましシスターズ」に
お越しいただき「もしバナ愛」を存分に語っていただきました!
・もしバナって兄何?
・どうやって遊ぶの?
・どんな人にこのゲームをしてほしい?
・ここはわかった上でゲームしてほしい
・関東、関西によって選ぶカードが違う?
・これからやっていきたいこと etc.

全2回でお届けします!

もしバナゲームのサイト↓
https://www.i-acp.org/game.html

■もしバナゲームとは?
千葉県の亀田総合病院で緩和ケアや地域・在宅医療に取り組む医師らが立ち上げた一般社団法人「iACP(アイ・エーシーピー)」が開発したカードゲーム。
ゲームの中では、重病の時や死の間際に「大事なこと」として人が口にするような言葉が記してあるカードを使い、余命半年の想定で大事にしたい言葉を選ぶ。自分自身の価値観を考え、一緒にプレイする人と楽しく語り合うように設計されているため、アドバンス・ケア・プランニング(ACP)の一端に触れるような体験にもなり、最近広まってきている。

« »

  1. くみっきー♡ より:

    前回に引き続きありがとうございます!こんなん聴いて何がおもろいんかなー、思うけど。

コメントを残す