堺市内の医療・介護従事者のためのプラットフォーム
2019.07.20 Sat

第320回 「孤独死」亡くならなくてもいい人が亡くならないために(Part1)

さかそ!100年ライフ!(インターネットラジオ番組)
ー100年時代を賢く生きる!ー

第320回 「孤独死」亡くならなくてもいい人が亡くならないために(Part1)

ゲスト:横尾 将臣さん(メモリーズ株式会社 代表取締役)

場所:太田医院別館(グリーンハウス)(堺市東区)

こちら↓からお聴きください

「孤独死」亡くなって腐敗していても、誰にも気づかれず、壁一枚隔てた隣、ベランダから見た外では普通の生活をしている人々・・。

壮絶な「孤独死」の現場を数多く手掛けるうちに、横尾さんは違和感を感じ、こういった状態に陥ってしまうのは、自分自身の生活や行動を管理できない状態に陥った「セルフネグレクト(自己放任)」である点で共通しており、心身ともに苦痛を抱えて追い込まれながら生きている人がいても、近隣でそのSOSを察知するコミュニティがないことに危機感を感じるようになってきたそうです。

今回は、メモリーズの横尾さんにゲストにお越しいただき、
・この仕事を始めたきっかけ
・印象に残った現場
・孤独死、特殊清掃の現状
・これから推奨していきたい「福祉整理」とは
・72時間以内に発見しよう!「72時間プロジェクト」等の
貴重なお話を伺いました!
亡くならなくてもいい人が亡くならないために是非とも聴いてほしい、知ってほしい全2回です。

【横尾 将臣さん:プロフィール】
メモリーズ株式会社 代表取締役
日本における遺品整理の第一人者として、大学の臨時講師を務めるほか、団体、企業、自治体などで講演活動を行っている。
毎日放送・TBS共同制作のテレビドラマ『遺品整理人 谷崎藍子』の監修を務める。
NHK『プロフェッショナル 仕事の流儀』(2018年7月23日放送)では、遺品整理の現場の様子が取材・放映された。

メモリーズのサイト↓
https://www.ihin-memories.com/

« »

コメントを残す